昔から土用の丑の日に旨い鰻を食べるわけ

夏バテ気味の身体に栄養補給をするなら美味しくって栄養満点のうなぎが最高ですよね。 子供の頃は毎年土用の丑の日が来るのが何よりの楽しみでした。

通販の鰻重の画像

今はコンビニなどでも土用の丑の日に向けた鰻の宣伝が激しいです。だから土用の丑の日を忘れることがここ数年ほぼありません。 でも大人になって冷静に土用の丑の日を考えた時、何で土用の丑の日に鰻を食べるのだろうと理由を知りたくなりました。

そもそも土用の丑の日は暑い夏に栄養満点の鰻を食べるイメージですが、実際には春夏秋冬に土用の丑の日があります。 ではどうやって土用の丑の日を決めているかと言うと、まずは土用の丑の日の土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を指します。 24節気の日付けは毎年多少変わるので、おおよその頃が正解ですね。

続いて丑の日ですが丑の日の丑は十二支の丑(うし)のことです。 実はこの干支ですが古くから十二支以外に方角や日にちを数えるのに使われています。 干支は十二支と言うように12日周期で丑の日がやってきます。 つまり土用の丑の日は土用の期間に訪れる丑の日を指します。ですから土用の期間に丑の日になる日が土用の丑の日となるわけですね。 子供の頃から何気なく土用の丑の日に美味しい鰻重などを食べていましたが、理由は調べてみて初めてわかりました。

このように春夏秋冬に土用の丑の日はありますが、やはり栄養価満点のうなぎは夏バテしそうな夏が有名になったようです。 これにも諸説あって、昔から日本では丑の日に「う」のつく食べ物が縁起がいいとされてました。うどんや梅干しなどもそうですね。 しかし江戸時代になって、夏場にうなぎが売れないで困って平賀源内にうなぎ屋が相談しました。 そこで平賀源内がアイデアとして、うなぎ屋さんに対して土用の丑の日に看板を出すように勧めました。 これが大繁盛のきっかけとなって今も夏場にうなぎが食べられているそうです。

まーうなぎ好きなら夏場だけでなく春夏秋冬関係なくうなぎは食べますけどね!!

うなぎ通販安い|トップページに戻る