安くて美味しいうなぎ通販を求めてたどり着きました!

鰻蒲焼

私は子供の頃から食べ物ではうなぎが一番好きでした。それは大人になった今でも変わりません。 他の料理と比べても、うなぎは少し値段が高いので、たまに食べるうな重や鰻丼が何よりの楽しみでした。

うなぎとタレがかかったご飯を一緒に口に入れた時の満足感は今も子供の頃と変わっていません。 ホクホクした肉厚のうなぎがタレに絡まって、本当に蒲焼は美味しいですよね。

安い外国産のうなぎもいいですが、やはり国産のうなぎは口に入れた時に味が違って満足感も全然違いますよね。

社会人になってからも、自分への頑張ったご褒美として、飛び切り美味しいうなぎが食べたくなると、もっぱらうなぎ通販を利用するようにしています。 しかも、どうせ通販でウナギを食べるなら、普段は食べれない産地の飛び切り旨いうなぎを食べたい!そんな思いもあります。

そこで、今までたくさんのうなぎ通販を利用してきて、値段がそこそこ安くて飛び切り美味しいうなぎ通販を紹介します。 値段だけでなく、食べた味で総合的に評価していますので、これからうなぎ通販を利用しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。微力ながら、うなぎ好きならきっと満足すると思います。 ちなみに安いだけのうなぎ、いわゆる安かろう悪かろうのうなぎは紹介していません。

私が選んだ安くて美味しいうなぎ通販のランキングです。

1位

うなぎ通販の美食市・・【三河の一色うなぎ】

私の総合評価ではうなぎ通販の美食市さんがおすすめです! 専門店で食べるような極上うなぎが通販を利用することで自宅で安く食べれます。 ここは養殖ではなく天然の極上うなぎのアオテを食べることができます。 実際アオテを食べてみて、肉質が柔らかくて何とも言えない食感が病みつきになりました。

2位

豊洲市場ドットコム・・豊洲市場から直送

築地市場ドットコム

豊洲市場から、こだわりの生鮮品が買えます!目利き人が選んだイチオシ品がたくさん揃ってます。 有名ホテルや料亭、様々な高級レストランや専門店に食材を提供している豊洲市場だから集まる、素材が築地市場から直送されます。

3位

うなぎ屋かわすい・・川口水産

貴重なうなぎ3種類のお試しセットもおすすめ。 国産うなぎ蒲焼き通販専門店のうなぎ屋かわすい(川口水産)は、日本一美味しい国産うなぎを通販。 うなぎの蒲焼きは全て真空パックになっていて、賞味期限は冷凍で1年間。重宝してます。

4位

うなぎのたなか・・浜松の老舗店

鰻なら浜松の老舗である「うなぎのたなか」さんも大好評! 知り合いに丁寧に焼き上げるうなぎ蒲焼きを、ギフトとして贈り物に使ったら大好評でした。後日、浜松の老舗店の鰻を食べてみて、やはり美味しいと心底感じました。

土用の丑の日以外でも美味しくて安いうなぎを食べてます。

うなぎ

小さいころから私は毎日うなぎを食べても飽きないくらいうなぎが大好きなんですね。 とくに毎年土用の丑の日は楽しみの一つで、必ず通販からうなぎを買って、自宅でビールを飲みながらうな重かうな丼を食べてました。

土用の丑の日はもちろんのこと、丑の日以外でも、ときどき無性に脂の乗ったうなぎが食べたくなることがあります。

でもうなぎって、頻繁に食べれるような値段でもないので、たまに食べるうなぎがまたいいのかも知れませんね。 どうせ買うなら安くて美味しいうなぎが食べたいといつも考えています。

しかしながら、通販のうなぎも美味しいうなぎばかりではありません。 今でこそ、うなぎ通販で「ハズレのうなぎ」を取り寄せることは滅多にありませんが、私も最初の頃は失敗をしていました。 通販で失敗しないためにはどうすればいいか?それは、一度そのショップで買ってみればいい。そう思っていたからです。 値段の割にはパサパサのうなぎが届いたり、小さいサイズのうなぎが届いたこともありました。

通販では失敗していろいろ学びました。 ですから、総合的に評価をして今食べているより安くて美味しいうなぎ通販があれば、すぐに更新したいと思っています。

美味しいうなぎ通販で人気の日本のおすすめ名産地。

私はうなぎを買う時にはスーパーやデパートではなく、うなぎ通販を利用しています。 うなぎ通販で買うようになって、日本中で人気を博しているうなぎの名産地と言われる場所の美味しいうなぎはほぼ食べつくしましたと思います。

近年は価格が高騰し高級魚となっているうなぎ。 しかし価格の高騰とともに、その人気が上昇していることも事実のようです。 通販が便利になった昨今、私のようにさらに美味しいうなぎを求めて、全国からうなぎ愛好家が名産地のうなぎを求めているようです。

通販で安く買ったうな重

食用うなぎとして名高い「二ホンウナギ」は、絶滅危惧種として認定されていますよね。 ですから食用のうなぎは99%以上が養殖に頼っているのが現状。 テレビでも観ましたが、養殖うなぎは稚魚であるシラスウナギを捕獲して、鰻池で大切に育てられています。

意外だったのが、うなぎ養殖のトップが鹿児島県だったこと。 鹿児島は温暖な気候と豊富な地下水がうなぎの養殖に最適であるみたいですね。

続いて二位がひつまぶしで有名な愛知県。 愛知県の生産量のうち約8割が西尾市の一色町という自治体によって養殖されています。 愛知一色産のうなぎは私もファンの一人、身がファファで美味しいので大好きです。

うなぎ発祥の地とも言われる静岡県が、鹿児島や愛知より下には驚きました。 浜名湖産のうなぎも昔から私は大好きです。 浜名湖では多くのシラスウナギが捕獲できて、大昔からウナギの養殖では有名ですよね。

他にも高知県の四万十川産国産うなぎも美味しいですし、宮崎産や徳島産、石川産もファンが多いのではないでしょうか。 一度、本当に美味しい国産うなぎを食べてしまうと、外国産うなぎでは物足りなさを感じますよね!